FC2ブログ

Love Love for ARASHI

嵐くん達が大好きです! 相葉雅紀応援ブログかと思われる時もあるかもしれませんが、相葉担故お許しください。

今更ですが・・・ナラタージュ感想

2017/11/19 13:33 ジャンル: Category:潤くん
TB(0) | CM(0) Edit

札幌のライブ、無事に二日目も終えたのでしょうか
一切、情報を仕入れていないので(←自分が行くまでネタバレ回避する人)
セトリはもちろん、どんな演出なのか、座席表なのかもまったく知りません。
それこそ評判がいいのかも全然わかってないんだけど
嵐くん達のライブだもん、絶対に楽しく盛り上がってますよね

仕事で色々あったり、パパの親戚関係で問題あったりと
まあ精神的にだいぶやられて、しんどい状況でいるここ数日であります。
どっちも全然解決してなくて、でもなんだかみんな他人事みたいに平気な顔してて
なんとかしなくちゃって一人で頑張ってる感がめっちゃ、つらい

そんな私の今の唯一の希望、楽しみは12月のコンサートです
嵐くん達に会って、盛り上がって、いっぱい笑いたいです。
楽しんで幸せになりたいです。
幸せになる準備はいくらでもできてるのよーーーー
東京で待ってるよーーーー


さて、書きたい事はいっぱいあったのに、いつかは書きたいってあれほど言ってたのに
記憶ってやつは困ったもんで、少しずつ薄れていってしまっています
今更ですが・・・ナラタージュの感想でも書きましょうか(←新鮮味がなさすぎる
観に行ったのももう一か月以上前だと思うので、書こうと思ってたテンションも
だいぶ落ちちゃってますけど・・・書けるかな

まず、スクリーンの中にいたのは確かにコンサートなどでキラキラと輝く嵐の松本潤ではなくて
その松本潤を4割(でしたっけ)抑えた、30代の普通の学校の先生でした。
奥さんのことで色々と心に抱えてるものを持ってるって役だったからってこともあるでしょうけど
今まで潤くんがやってきた役はやっぱりどこかに「嵐の松本潤」感があったように思うので
そういう意味ではホントに「へ~、この役を潤くんに持ってきたんだ~」って印象でした。
よく頑張っていたと思います。

頑張っていたと言えば、架純ちゃん。
あんなシーンとか、すごく頑張っていましたよね。
そしてお嬢が「もう坂口くんのことがどうにも受け入れられない」と言っていたので
彼も役者として成功したということでしょう。

観終わってお嬢はそれなりによかった、と言っていました。
私はなんだかイマイチ、う~んて感じだったんですよね。
でもよく考えてみたんです。
私はもう結婚してて、大きな子供が3人もいて、そこそこ幸せにやってるアラフィフの主婦で
そんな私が大学生の工藤泉の気持ちに寄り添えるわけがないんです。
で、工藤泉と同じころの自分を思い出してみたんです。
そしたらなんと、あ~、そうだっけなぁって思いだしたことがひとつ。
既婚者ではないけれど、彼女がいる人を好きだった時があったんですよね。

その人とはもともと結構仲良くしてたんですけど、私が辛く悩んでた時に
唯一それに気付いて「大丈夫か」って言ってくれたんです。
泉も辛かった時に葉山先生に声をかけられて救われたじゃないですか。
自分が悩んでることに唯一気付いてくれる人がいるって、すごく嬉しいですよね。
昼休みに準備室に行って葉山先生と話している泉はすごく楽しそうでしたよね。
私もその人がほぼ毎日のように私のデスクまで来て、たわいもない会話をしてってくれて
それがすごく楽しくて嬉しかったんですよ。
こんな日がずっと続けばいいと思っていたんですけど、その人が会社を辞めることになり
その時にもう会えなくなる、と思って初めて自分の気持ちに気が付きました。

でもそんな気持ちに気が付いてもどうにもならなかった。
その人は彼女が妊娠したので結婚する為に他の会社に転職したようでした。
でもそこまで、にここには書けないような壮絶なドラマがあったそうで
その人はよく私に抱きついたり寄りかかってきたりしてたんですけど
だいぶ年上の彼女に弱い部分を見せたくなくて、近くにいた私に甘えていたのかもしれません。

葉山先生もそうでしょ。
恋ではなかったんですよね。
奥さんにさせてしまったような想いを他の誰かにはさせたくないって思いもあって
泉のこととか、今の演劇部の女の子のこととか気にかけていたんでしょうけど、
自分も誰かに寄りかかりたかったんですよね。
男なんて結局甘えたがりなんだから。
そんな行動、言動が相手に変な期待を持たせるかもってわかんないのか、バカ。

とまあ、私は誰よりも泉の気持ちがわかる立場なんじゃん、て思いました。
あれから25年以上経ちますが、私は今幸せにやってます。
泉もきっと幸せな日がやってくるはずです。
思い出は思い出で大事にしておけばいい。
あの人もきっと元気に頑張ってることでしょう。

と、こんな感想になりました。
以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

みやや★

Author:みやや★

最新トラックバック
FC2カウンター
100回目からカウント開始しました
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR